読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡の匣

内省しがち

自転車移動のススメ①〜自転車購入編

https://www.instagram.com/p/BPR6PwGAyeY/

#ブルーノ の#ミニベロ を手に入れた🚲ブルーは限定色らしい❣️#brunobike#brunomixte

都心に引っ越したことを都心在住の方に話したところ、まず自転車を買うように助言されました。

都心は地下鉄移動が中心となりますが、微妙な距離間・位置関係だと、線の乗り換えだけで一駅近く歩かされることも珍しくなく。
歩くには遠くとも、自転車なら電車よりも速く直線移動ができると合点しました。

それにしても、自転車を買うなんて十数年ぶりの経験です。
どうせ買うなら、お気に入りの長く乗れる相棒と出会いたい。

しかし、わたしは本格的な自転車乗りが、率直に言って、苦手でした。


↑参考画像

こんなピタピタな服は着たくないし、ヘルメットも被りたくないし、ハンドルが角のようで刺さりそうな気がするところも苦手でした。

ので、街乗り用の、それほど長距離を走ることを想定していない、軽くて小回りの効く自転車、というイメージです。
そこで最有力候補として挙がったのが、ミニベロでした。

確かに、自分の生活圏内を見渡すと、道路交通法でミニベロに乗ることが定められているのか?と思うほど、ミニベロしか停まっていません。
なるほど、この土地で暮らす上ではやはりミニベロが正解のようです。

そんなわけで、新年早々ミニベロ屋さんに行きました。
ミニベロ 専門店 | Flamebike

当初は安価で販売しているネット店舗で購入しようかと考えていたのですが、組み立てやメンテナンスに不安があり、失敗できない買い物でしたので、安心感のあるこちらのお店にしたのです。

そこで手に入れたのが、冒頭のインスタグラムにある、限定ブルーカラーbruno mixte Fというわけです。

決め手は、とにもかくにも可愛らしい見た目と、スカートでも漕ぎやすいフレーム、そしてお手頃なお値段です。
とは言え、ほとんど一目惚れ、即決でした。

すぐに持ち帰りたい!と思い、店頭のものを引き取らせて欲しいと伝えると、横転させてしまい、塗装の剥げがあるので、メンテナンス後にお値引きの上、お譲りしたいとのこと。

きちんと塗り直して、値引きまでしてくださるなんて…さすが日本一のミニベロ屋・flame bikeさんです。喜んで承諾しました。

おまけにメンテナンス用の塗料を付けていただきました。これでいつ塗装が剥げてしまっても安心です。

鍵とライトは店員さんの勧めでknogにしました。

knog(ノグ) KABANA CABLE LOCK  ROSE

knog(ノグ) KABANA CABLE LOCK ROSE

BLINDER 1 FRONT COG/BLACK

BLINDER 1 FRONT COG/BLACK

多分これだと思う。

占めてお値段6万5千円ほど。なかなかの出費となりましたが、長く安全に乗ることを考えれば必要な経費かと思います。

さて、肝心の乗り心地や自転車ライフについては、また次の記事で紹介します。