読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡の匣

内省しがち

電子書籍化して本棚を空っぽにしてみた

f:id:skirtnonaka:20170325162453j:image

kindle paperwhiteを愛用しています

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

とにかくわたしは隙があれば活字を追っていたいので、持ち運びが簡易な電子書籍が好きです。

しかし、欲しい本が電子書籍版を出していない場合、紙の本で買わざるを得ません。

紙の本は、スペース(本棚)を占領する、重い・嵩張る、経年劣化する等、何かとデメリットがあり、どうにかならないものかと思いあぐねていたところ、知人が手持ちの本を電子書籍化(いわゆる自炊)したと聞き、自分も業者に頼んでやってもらおう(=自炊代行)となったわけです。

 

電子書籍化の注意点

自炊代行は著作権法的にグレーな部分が多い行為です。自炊代行業者のHPに案内されているかと思いますが、著者が自炊代行を許可していない著作物については、業者が受託してくれない(受託した場合違法)場合があります。

こちらのサイトがわかりやすいので、気になる方はご覧ください。

自炊代行は違法?著作権法上OKの場合とは | | TRENDERS NET

 

電子書籍化してみよう

業者選びは以下のサイトが有益そうです。

電子書籍化サービス(代行)9社比較!おすすめをまとめてみた! | 世界一周する元トヨタ社員の人生物語|トヨタを辞めて起業した僕の軌跡

 

わたしはあまり考えず電子化本家を利用しました。

自炊代行・電子書籍化・PDF化なら電子化本家

こちらはページ数ではなく冊数単位(+サイズ)で単価が決まり、積算が楽ちんです。

 

ざっくりと手順は以下の通りです。

  1. 冊数、ページ数、本の仕様等を指定
  2. オプションを指定(ファイル名変更、OCR*スキャン、表紙スキャン、即納品、非裁断等)
  3. 金額積算
  4. 依頼
  5. 本の送付(元払い)
  6. 納品

*OCR…活字の文書の画像(通常イメージスキャナーで取り込まれる)をコンピュータが編集できる形式(文字コードの列)に変換するソフトウェア(wikiより)。適用すると、読み込まれた文章を文字として認識するため、ハイライトや辞書検索が可能となります。

納品までの期間に進捗報告等をしてくれる業者もあるようです。

 

わたしの場合

以下の仕様で注文しました。

・文庫、新書、ハードカバー、写真集等35冊

・裁断後原本処分

・ファイル名変更、表紙スキャン追加

特にファイル名変更は、自分でやると手間がかかるので必須かと思います。

上記で計6,500円+送料という具合でした。他店と比べて高くも安くもなさそうです。

 

納期は発送から3週間後でした。納品方法をファイル転送サービスにしたので、メールにてストレージのリンクが送られてきます。PCにzipを落として、kindleをマイクロUSBケーブルで同期し、フォルダに解凍したファイルをドラッグ&ドロップすれば完了です。

詳しくは以下のサイトがわかりやすいです。

ガジェット録: Kindle Paperwhite へPDFファイルを転送する方法

他にもamazon cloud driveを介する方法もあるようですが、わかりにくいので割愛。

f:id:skirtnonaka:20170328181858j:image

本棚画面では表紙画像は映りませんが、ファイル名で判別できます。

 

感想

f:id:skirtnonaka:20170328182108j:image

このとおり、本棚が空きました。追い追い本棚自体つぶして省スペースを進めたいと思っています。また、お気に入りの書籍をkindleでいつでも読めるのは嬉しいことです。

一方、気になったのは、読み込んだデータがかなり重いこと。高画質の画像として読み込んでいるせいか、ページをめくる時の反応が鈍い気がします。

文書・漫画・写真集等で画質調整をかけられると、その媒体に適した画質・重さで読み込めるのかしら。ここまでフォローしてくれるとありがたいですね。

 

断捨離を進めたい方、本棚丸ごと持ち歩きたい方は是非ご活用ください。