読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡の匣

内省しがち

ザギンセレブだけじゃない。GINZA SIXオープン初日に行って来た①

林檎の新曲「目抜き通り」聞いた?

4月20日(木)オープン・話題のアート×商業施設「GINZA SIX 」。

ファッション誌「GINZA」5月号の特集を見て、行きたいな〜と思っていたところ、テーマソングを椎名林檎が手がけると聞き、これはもう、行かないでかと。

目抜き通り

目抜き通り

GINZA SIX×椎名林檎特設ページ:SR 猫柳本線

 

思い立ったが吉日

f:id:skirtnonaka:20170420194544j:image

仕事帰り&風邪引きでしたが無理を押してやって来ましたGINZA SIX。現代的でスタイリッシュな外観です。日中は入場制限がかかったそうですが、夜は滞りなく入れました。

f:id:skirtnonaka:20170420194933j:image

上りエスカレーターの右手に構える巨大なバルーンアート。圧倒的草間彌生感。プレスで出尽くしているカットですが、思わず撮っちゃう存在感です。

店内は目抜き通りがリピート再生されており最THE高でございます。

 

4階へ直行しよう

低階層はハイブランドブティックが立ち並んでおり、圧がすごいので、ライフスタイル雑貨を中心に取り扱う4階へ。

店舗案内 | GINZA SIX | ギンザ シックス

4階のフロアマップです。セオリーやポールスミスなど、多少慣れ親しんだショップがあり安堵することでしょう。 

 

お買い物を楽しめるショップ3選

アートが各所に配置され、目にも楽しいGINZA SIXですが、やっぱりお買い物もしたい。そんなわけで、ザギンセレブでなくてもお買い物が楽しめるショップを紹介します。

なお、ここでは松浦弥太郎の教えに倣い、各ショップで「最も撮りたいと思った商品」と「最も欲しいと思った購入品」を一つだけ載せています。

1.CIBONE CASE

2001年に東京・青山にオープンした「CIBONE」からスピンアウトした新たなショップ。国内外のクリエイターのプロダクトや現代の日本のものづくりなど、ジャンルにとらわれず、自由な切り口で集められた独自の魅力を放つものたちをご紹介します。
キーワード:アートジャパンクオリティ一点モノギフトハレの日プチギフト・手土産

CIBONE CASE | GINZA SIX | ギンザ シックス

青山の本店に貢いでいる私が最も気になっていたショップがこちらです。洗練しつつも手しごとの温かさを感じさせるCIBONEのセレクトは、いつ来ても新たな気づきをもたらしてくれます。

現在は「BIRD」をテーマに鳥をモチーフとしたプロダクトが多数取り揃えられています。とりだけに。

f:id:skirtnonaka:20170420182903j:plain

撮影したのはこちら。ドライフラワーがショーケースに納められたプロダクトです。CASEの開店に伴い新たに仕入れたとのこと。1012TERRAが好きな方なんかはドンピシャなのではないでしょうか。→(追記)というか1012TERRAそのものでした。

https://www.instagram.com/p/BOmcCjvgV-l/

もちろん私もドンピシャです。お値段は1〜2万円。

全体として、ざっくり半分以上は本店でも扱っているプロダクトのように見受けられましたが、本店よりも規模が小さく厳選されているため、お気に入りの一品と出会えるショップとなっています。

f:id:skirtnonaka:20170420204817j:plain

PLAY TYPE/マグカップ(¥2000)

購入したのは〜ISTのロゴが印字されたシンプルなマグカップ。職場のデスクのペン立てとして使いたいと思います。地雷を踏まれる前に意思表明しておくことがお互いのためなのです。

他にもナルシストやペシミストアナーキストなどもあるようです。

 

2.#0107PLAZA

 定番とトレンド、和と洋、ナチュラルとポップ… 相反するようなモノたちが絶妙に響きあう、選りすぐられたモノたちにふれながら心地よいお買い物体験ができるライフスタイル提案型のセレクトストア。

フード&キッチン、ファッション&ステーショナリー、ヘルス&ビューティ… オトナなセレクト雑貨が揃うお店。店内にあるスタンドバーでちょっと一息、コールドプレスジュースやコーヒーを楽しめます。
キーワード:アートジャパンクオリティギフトプチギフト・手土産イートイン

#0107 PLAZA | GINZA SIX | ギンザ シックス

 ご存知輸入雑貨店・PLAZAの大人版。本家はポップでカラフルな色合いがティーンの支持を受けていますが、0107はクラシックな佇まい。それでもここはPLAZA、足を踏み入れやすい空気感は健在です。

「ちょっと上質な食品」に目移りしつつ、心奪われたのはこちら。

f:id:skirtnonaka:20170420183649j:plain

アーーー実物の良さが伝わらないもどかしさ。

植物が4cm四方の透明なキューブに閉じ込められたインテリア標本です。下からライトアップされた様子が何とも美しい。価格は3〜5千円です。

ギリギリまで買うか悩んだのですが、種類が選べず保留しました。単品のほか、3種セットや9種セットもございます。ああ悩ましい。

f:id:skirtnonaka:20170420204850j:plain

Bonboog/botanical pen(アジサイ)(¥1600)

買ったお品。お花を模したペンはよく目にしますが、アジサイは初めて見かけたので。秋色アジサイとても好き。こちらもデスクの賑やかしに飾りたいと思います。

f:id:skirtnonaka:20170420204929j:plain

母の日用のメッセージカードも購入しました。プレゼントなのでノーカウントです。le typographeというブリュッセルのメーカー製、活版印刷により印字されたロゴが愛らしい。

3.MARK'STYLE TOKYO

 「日本の素敵で世界に快適を」をコンセプトに、マークスの企業理念を具現化する直営店舗の旗艦店。機能・品質・デザインにおいて、ジャパンクオリティの名にふさわしい文具やライフスタイル雑貨をラインアップ。

ジャパンクオリティを備えた上質で価値あるプロダクトを集積するプレミアム・デザインギフトストアとして、ギフトに関する高度な知識を有するギフト・コンシェルジュを配置。おもてなしの心とサプライズを演出するサービスをご提供します。

MARK’STYLE TOKYO | GINZA SIX | ギンザ シックス

マークスのみ5階にあります。スタリッシュな文房具が文字通り所狭しと並んでいます。

f:id:skirtnonaka:20170420185221j:plain

目を引いたのはこちら。植物好き過ぎマンですね。PLAZAと完全にかぶっていますが、一回り大きく、価格も7千円程です。華やかなお品をお求めの方にオススメしたい。混雑していたのでお買い物はしませんでした。

 

続きます

上記3店は手の届く価格帯と言えど、いずれも魅力的な品揃えなので散財は必至です。覚悟して行きましょう。他にも気になるショップがありましたので、近いうちに再訪します。

6階の蔦屋書店や13階の屋上庭園についても触れたかったのですが、長くなって参りましたので次回に譲りたいと思います。